ゴールはあった方が良い!

こんばんは。

ですた です。

スポンサーリンク

本日のテーマは、「ゴールはあった方が良い!」

時間管理において、ゴールを作ることの大切さ。

それは何故なのか?

自己啓発の分野において、

結果が曖昧で、先を見れば、キリがないから…です。

だから、時間管理を行う時には、

ゴールを作っておいた方が、

早く結果が出せることになります。

ここでのゴールは人生の目標じゃなく、

「1年を基準」として、

長期的な目標にすることとなります。

理由としては、時間管理というのは、

手帳やスケジュール帳などで、

「日々の生活の行動を管理するもの」

ですので、時間管理をする上では、

“人生の目標” など、

あまりに遠すぎる目標では、

全く意味がなくなってしまうのです。

手順

そして、その「ゴール」を持つ方法は、

2つの手順があり、

1.最終期限を決める(When)

2.最終目標を決める(What)

となります。

この2つを順番に決めることで、

例えば…

ダイエットで2ヶ月後までに2キロ痩せる。

のように、例は2ヶ月ですが、

ゴール=1年 を基準とした、

長期的な目標を持てるようになります。

ポイント!

そして、このゴールを決めるポイントですが、

まず1つ目に、

「とりあえず、自分が最低限満足できる」

というゴールを設定してください。

つまり、「妥協をしてはいけない」という事です。

人それぞれ、性格・環境・スキル

というものが違いますので、

作業スピードも作業効率も異なってきます。

なので、「適切な目標=自分が出来るであろう範囲で目標を明確に決める。」

ということになります。

2つ目は、

1.最終期限を決める(When)

2.最終目標を決める(What)

この順番を守ること。

逆にしてしまうと、

どうしても自分に甘えたりしてしまうので

見当違いな目標を立ててしまいがちです。

最後に

上記の2点を注意して、

1.最終期限を決める(いつまでに)2.最終目標を決める(何をするか)

という手順で、

ゴールというものを持つ。

ここから始めてみてはどうでしょうか?

極論を言ってしまうと、

ゴールはどんなものでもいいので、

とりあえず無理やり作ってみる。

ゴールは後からいつでも変更することができますので。

ただ、やはり期限のないゴールって

達成するのは難しいと思います。

しかし、ゴール自体を決めない場合、

向かう場所も分からずに、

余計なことを考えすぎて、

なにをして良いかわからない…。

仮に、ゴールを持たずに、先に進んだとしても、

無計画な行動をし続けることになるので、

非常に効率が悪いです。

なので、今のうちに、

あなたが早く結果を出すためのゴールを、

まず作るようにしてみて欲しいです。

何の目標もなしに過ごしてると、

どうしても甘えてしまいますので。

ゴールがないとやる気も起きないと思いますよ!

達成したら自分にご褒美でも良いですし、

何か決めとくともっとやる気が出ることかと思います!

では。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ですた 2017年4月12日