FinTechとは何ぞや。

こんばんは。

新米SEの ですた です。

私が最近始めた、WealthNavi。

そこでキーワードとなってくるのが、

フィンテック。

スポンサーリンク

フィンテックとは何ぞや?

それは、 Fin + Tech で、

Fin → 英語で金融という意味のFinance(ファイナンス)

Tech → Technology(テクノロジー)

を、組み合わせた造語になります。

金融関係のものをテクノロジーの技術を駆使して、

より便利なものにしていくということですね。

2017年はITと金融の融合したサービス

″フィンテック″ を体現できる年になるといわれています。

具体的にはどんなものがあるのか?

1.家計簿アプリ

・マネーフォワード

2.スマートフォンによるカード決済サービス

・PayPal

・楽天スマートペイ

3.クラウド型会計サービス

・freee
などのサービスが日本ではありますね。

スマートフォンさえ持っていけば、

大抵のことは済んでしまいます。

素晴らしい……。

反面、落とした時などは、

しっかりと対策を取らないと怖いですが。

そして、

WealthNaviのロボアドバイザー。

これも ″フィンテック″ です。

資産運用ロボが、投資家のリスク許容度に合った

ローコストで分散されたポートフォリオに

投資するサービスになります。

アルゴリズムを用いた運用により

リターンを最大化し、節税なども行ってくれます。

実際に私は、WealthNavi for SBI証券の方を利用しています。

WealthNavi for SBI証券は、

2017年1月31日にサービスを

開始したばかりなので、

これからのアップデートに期待です。

10営業日で申込件数が3,500口座

20営業日で申込件数が6,000口座、残高25億円を突破

と、利用される方も続々と増えていってます。

なぜフィンテックは急に盛り上がった?

色々と理由はあるかとおもいますが、

スマホの普及

が、挙げられると思います。

誰もがスマホを持つようになったこの時代。

PCやガラケーでは、

実現できなかったサービスを

実現できるようになってきたからだと思います。

実際に、上記にも書いた、

マネーフォワードのようなアプリも、

PCだったら毎日使うのがめんどくさ い…。とか、

ガラケーだったら、クオリティの低いUIになってしまいそうです。

なので、このスマホが普及した、

今だからこその技術なのですね。

最後に

″フィンテック″

これから至る所でこのキーワードを聞くことになりそうです。

何故なら、金融関係のものに対して、

テクノロジーを駆使したら、

それは全て ″フィンテック″ だからです。

便利な世の中になっていくと思います。

しかし、便利というものが、

使いこなせれば便利なのか、

誰が使っても簡単に使いこなせる

ユーザーフレンドリーな設計なのかは

難しいところですね。

では。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ですた 2017年3月3日