20代の給与・賞与の理想的な使い道は!?

こんばんは。

ですた です。

今月は給与に賞与とたくさん頂けるので喜びを隠せていない私です。笑
賞与も満額貰えますしね!

そこでここ1ヶ月の間、何に使おうかなーと悩んでいた私ですが、理想的な給与の使い方(賞与は配分が変わってくる?)は、どんなものなのか?をテーマに!

タイトルは20代のなんて付いていますが、それは後ほど私のことを書きます!(興味無いよ!なんて言わないで下さい。)

スポンサーリンク

理想的な給与の使い道の黄金比率とは?

●黄金比率
住居費: 25%
食費: 15%
水道光熱費: 6%
通信費: 5%
小遣い: 8%
預貯金: 18%
生命保険料: 4%
日用品: 2%
医療費: 1%
教育費: 4%
交通費: 2%
被服費: 2%
交際費: 2%
娯楽費: 2%
し好品: 1%
その他: 3%

ふぬふぬ…。
約1/5(18%)は、貯金に回すのが良いみたいですね。
手取りが20万だとして、約4万円。
1年が12ヶ月、賞与を4~5ヶ月として計算すると…
4(万円) × 16 ~ 17(ヶ月) = 64 ~ 68 (万円)
貯金額としては妥当な数値でしょうか。

ですた の場合…

実家暮らしなので、住居費、食費、水道光熱費、日用品を含めて、実家に入れているような計算になります。この合算を実家納入費とします。

●ですたの比率
実家納入費: 15%
通信費: 4%
小遣い: 0%
預貯金: 15%
投資: 20%
生命保険料: 3%
医療費: 1%
教育費: 0%
交通費: 5%
被服費: 2%
交際費: 15%
娯楽費: 10%
し好品: 5%
その他: 5%

こんな感じでしょうか。
小遣いと教育費に関しては、1人なので0%と試算。外食などは交際費・娯楽費辺りに含めています。投資の項目も増やしています。

実家暮らしだと、やはり一人暮らしよりは預貯金に回せる額が増えます。今の内に沢山貯めたいものです!

賞与に関しては、4~5割を貯金と投資に回そうと考えています。早いうちに貯金や投資はしておくべき!ですよ!!

最後に

20代の一個人としての給与・賞与の使い道でした!
皆さんはどのように使われていますか?
黄金比率を見て、明らかにこの項目は使い過ぎなど見えてくると思うので、一度、考えてみてはどうでしょうか!

ではまた!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ですた 2017-06-21