大学生の半数近くはSNS依存症なの?

こんばんは。

ですた です。

スポンサーリンク

本日のテーマは、「SNS依存症」

大学生の半数近くが、

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の

LINEやfacebook、Twitterに、

依存して疲れているとの調査結果が

「依存」とはどのような状態なのか?

「ある物質や行為や関係によって何らかの

社会的損失(犯罪・失業・離婚・経済的損失など)や

身体的損失(けが・体調を壊すなど)が

出ているにも関わらず、「それをやめられない状態」。

SNSによって学業や家族との日常生活に

支障をきたしている人も増加中。

SNS依存症にならないために大事なのは、

自分で使用上のルールを決めること!

そして、実行。

しかし!言葉では簡単に言っても、

決めたルールを守れなくなることが

依存症となる最初の兆候。

一人暮らしの人は、はまりやすいので注意が必要。

また、依存症は「愛と注目の欠乏症候群」 と言われ、

みんなに「いいね!」と言って肯定してもらえる、

居心地が良いと感じるWebの世界に逃げてしまいます。

ただ、愛や注目が100%満たされるはずもないので、

誰にでも陥る可能性があります。

Facebookの「いいね!」の数が気になる、

LINEの既読がプレッシャーになる・・・など、

SNSに苦痛を感じる人が急増しているわけです。

そんなことなら止めよう!!・・・って

簡単に言えないのが、今のネット社会なのですね。

アルコール、薬物、ギャンブルであれば、やめる! と、

依存対象から離れることが大事。

しかし、SNSは現在、就職活動に使う企業もあるほど、

コミュニケーションにおいて

重要度が高まっているという一面があります。

ではどうすれば良いのでしょうか・・・

それは、自身のコントロールを

取り戻すことを目指すしかないと。

SNS依存は、体に悪いと分かっているのに

スナック菓子をつい食べ過ぎてしまうのと同じで、

「生活習慣病」と変わらないと思います。

特効薬は存在せず、自分で痛みを感じ、

自分で習慣を変えていくしかない。

依存状態に陥ることは、生活時間の一時停止、

人生の時間が止まっていると言えます。

依存症から回復した人は、

「自分に使える時間がこんなにあったんだ!」

と思うことになるはず。

最後に

現代に生きている以上、

SNSとは向き合っていかなければいけません。

依存をしてしまわないように、

自分なりのルールを確りと持って、

SNSを活用出来るようになりたいですね!

私もTwitterをやっています。

良かったらフォローしてください!

有益な情報は呟いていないですチ───(´-ω-`)───ン

(すみません…)

【 Twitter 】

では。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ですた 2017年3月27日