トランプで暦を読む-PART1

こんばんは。

ですた です。

スポンサーリンク

本日のテーマは、「トランプで暦を読む-PART1」

3月も最終日。

今年度は満足の行く結果になったでしょうか?

新年度の始まりに、数ヶ月、あるいは

1年の目標を立てたは良いものの、

達成できなかったという経験を

持つ方はたくさんいると思います。

期限付きの資料の作成や学校の課題などは、

プレッシャーもかかって頑張れるけど、

プライベートの目標は、ついつい忘れてしまう。

そんな話よくありますよね…。

もし経験があったのであれば、

そうなってしまった時を思い出してみて下さい。

目標が達成できない最大の原因は、

目標を忘れてしまうことです。

1年という、長期的な目標を持つと、

どうしても後半は蔑ろにしてしまったり、

軌道修正ができずにもう良いか。

と、なってしまう可能性もありますからね…。

しかし!目標を忘れてしまうだけではなく、

もう1つ原因が。

それは…進み具合をうまく実感できていないこと。

年間目標に対して、今日にはどこまで達成できているべきか?

というのは、なかなか実感できないものです。

軌道修正ができないのも、

これが原因になってくるのではないでしょうか?

突然ですが、

「今週は1年(ほぼ52週間)のうち何週めですか?」

と、聞かれて、即答できる人はほとんどいないと思います。

でも、年間目標の達成を狙っているなら、

今週が何週めに当たるか分かっていない。

というのも、どこかおかしい話ではないでしょうか?

こうなってしまうのは、

普通の暦の使いにくさにも原因があります。

通常のカレンダーではなく、

今、1年のどの位置にいるかが、

直感的に分かるのが、トランプを使った暦の読み方。

あまりに単純なことなので驚くか、

または、そんなことかい。

と、思われるかもしれませんが、

これだけで1年のうちどこまで進んだか?

ということが、明確に分かります。

その方法は、PART2でご紹介いたします!

年度末は忙しくて、纏めきれない!

(送別会で飲みモード。笑)

では。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ですた 2017年3月31日