睡眠時間コントロール法を活用してみよう

こんばんは。

ですた です。

スポンサーリンク

本日のテーマは、「睡眠時間コントロール法」

休日などはたくさん寝ていたいので、

ぐっすりと長時間寝てしまいがち。

たくさん寝てしまっって、

朝起きるのが遅いと本当に自己嫌悪に

なるぐらいいつもショック受けてます。

そんな経験ありませんか?

私は結構あります。

眠いけど、1日を無駄にしたくないという思いもあったり・・・。

難しいですよね…。

睡眠時間を管理するのは、

生きていく上でも重要なことだと思います。

是非、1度真剣に考えてみてください。

活用出来れば、自分の時間を多く使うことができ、

朝から晩まで元気一杯の生活を送ることが出来ると思います。

「昨日は、早く寝たはずなのに、目覚めが悪いなぁ…。」とか、

逆に夜更かしをしたはずなのに目覚めが良い時ってありませんでしょうか?

それは何故なのか?と、調べていたら、

睡眠時間と密接に関わるある重要なことを発見しました。

答えは・・・?

それは、睡眠時間をコントロールするのは

「食事」が関係しています。

食事?関係あるの?と思いましたか?

食事はとても大事なのです。

現代の人は、食べ過ぎなのです。

朝食・昼食・夕食・お菓子・夜食などなど。

僕達の祖父や祖母の世代は満足に

3食食べることなんてできなかったわけです。

「ごはん粒一つ残しちゃだめだよ。」

と、言われたことがある人も多いのではないでしょうか?

歴史を振り返ってみると、

満足に食べることができるようになったのって

ここ最近の話だと思います。

食べ過ぎないことを意識する必要があるわけですね。

腹八分目くらいがやはり丁度良いのでしょうかね。

おなかに残っていない状態で寝ると驚くくらい

次の日の目覚めが良くなるはずです。

最初はやはり満足にもっと食べたい!と思うかもしれませんが

3日も続けると今までどれだけ無駄に食べていたんだろう・・・

と、恐ろしくなるほど食べていた自分に気づくはずです。

睡眠時間ももちろんですが、健康面においても、

食べすぎはあまり良くないですからね。

最後に

睡眠時間はどんな人でも一生関わっていかなければならないことなので、

睡眠の奴隷になってしまっている人は、

食事量を意識してみてはどうでしょうか?

明日も元気一杯で楽しい日々をお過ごしください。

では。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ですた 2017年3月25日