2018/11/01 みちびきの運用開始!

こんばんは。

ですた です!

2018年11月1日よりみちびきの運用が開始されましたね!

スポンサーリンク

2018/11/01 みちびきの運用開始!

みちびきとは?

日本版のGPSシステムのこと

日本の頭上を現在、4基体制で飛んでいて、常に1基は見えている状態。

GPSはアメリカのもので、他にもロシアのGLONASS、

中国のbeidou、欧州のGalileo、インドのNAVICなどがあり、

総称してGNSS (Global Navigation Satellite System)システムと呼びまする。

GPSが馴染みにありすぎて、ほとんどの人はGPSと言っていますよね!

ちなみにみちびきは名称として、

準天頂衛星(Quasi-Zenith Satellite System:QZSS)とも呼ばれています。

そのみちびきが運用開始で何が変わるのか?

iphoneなどでも位置情報サービス(google map)などを使うと位置が出ると思いますが、

その際は、GPS+GLONASS+みちびき(QZSS)で測位をしているはずです。

iPhoneXは、Galileoも対応してるっぽい?ですが。

基本的には、日本に居る場合は、GPSを用いて位置計算をしているはずです。

(衛生配置や信号の強さなどが関係するため

一概には言えませんが…この辺は専門性が高いので割愛)

ここで勘違いして欲しくないのは、

今回の運用でセンチメートル級になると言われていますが、すぐにはそうはなりません。

みちびきからの信号には種類があって、その信号を受信できないといけないので。

現在その信号を受信できる受信機は大きいですし、高価なものとなっています。

実際、アメリカのGPSもセンチメートル級のものはありますが、

軍事運用などにしか使われていません。

センチメートル級が簡単に使えてしまうと、悪用されてしまう可能性もありますからね。

その為、一般的なサービスでセンチメートル級の測位ができるようになるには、

もう少し時間がかかるかもしれないですね。

まぁみちびきによるセンチメートル級以外にも、

センサーフュージョンの処理を組み込むことでセンチメートル級に

することは今でも出来るのですけどね!

これからに期待!

カーナビなどの精度向上やドローンの自動飛行、

実現出来たらワクワクするようなことは沢山あるので期待!!

2023年度には、7機体制での運用が開始される予定らしいので、

これからの発展に大いに期待です!

ではまた。

ですた 2018-11-11