忘却曲線とは?

こんばんは。

新米SEの ですた です。

スポンサーリンク

本日のテーマは、「忘却曲線」

この前、覚えたばかりなのに…

あれ?そーいえば、なんだっけ?

と、人間は、どうしても忘れてしまうもの。

人間の記憶力というのは、

「忘却曲線」 というもので表すことができます。

<忘却曲線>

20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。

1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。

1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。

1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。

1ヶ月後には、79%を忘却し、21%を覚えていた。

このように、どんなに具体的な目標があっても、

たった1ヶ月で、その約8割の内容を忘れてしまう。

恐ろしいことです…。

これは、非常に非効率なことです。

具体的な目標がなければ、

モチベーションもわかず・・・

行動手順もわからない・・・

余計な時間を過ごすことになってしまいます。

さて……

ここで1つ問題です。

「日本で2番目に高い山はなんでしょう?」

この質問は、あなたもどこかで聞いたことが

あるかも知れないのですが、

恐らく、答えられなかった方が多いのではないかと思います。

自分は「忘れた…。」ってなりました。

何故なら、その事に全く興味がなく、

覚えておく必要がないと思っているからなんです。

ちなみに正解は山梨県にある北岳(きただけ)の3193メートル。

なるほど…。

どうしたら良いの?

つまり、忘れないためには 「”常”に目標を意識しておく」

という事をする必要があるわけですね。

しかし目標を「”常”に意識する」というのは、

すごく疲れるし難しいことです。

で、あれば何をすればいいかというと、

「目標を “記録”して忘れないようにする」

ということが一番ですね。

記録することはとても大切だと思います。

そして目標を記録しておくことで、

それをちょっと見直せば

すぐに目標を思い出すことができ、

それを続けていくことで、

目標を常に意識することができるように。

また、それが次第に長期記憶として蓄積され、

無意識に考えられるようになり、

さらには、習慣になってくるわけです。

習慣になったらもうこっちのものでしょう。

その作業も苦ではなくなるし、

集中して作業ができるので、

早く結果が出るようになると考えます。

最後に

「目標を “記録”しておく」 という事をする事で、

目標を忘れずに、習慣化。

さて、記録しなきゃ。

では。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ですた 2017年2月26日