社会人としての最低限の要素

こんばんは。

新米SEの ですた です。

スポンサーリンク

社会人としての最低限の要素

社会人として一番伸びる人材というのは、

やはり、時間の使い方を常に意識できる人だと思うのです。

1日の労働時間は平均して8時間。

この8時間をどれだけしっかり意識して行動できるか。

それが実際に入社後に、仕事をしながら「伸びーる」ことが

できるかどうかの分かれ道だと思ってます。

(個人的な意見です。)

企業が面接をするときは、

当然その人の「将来性」を考えて選考します。

将来伸びるかどうかを見るのに

この「時間への意識」がきちんとしているかどうかは

とても大切な要素の一つだと思います。

一体、どこでアピールするのか?

それは、「面接会場に入る時間」

当たり前だけど、面接時間に遅れて来るのは最早…はい。

ギリギリの時間で会場入りするのも問題外。

言い方はあまりよろしくないけれど、

1次面接とかは、もちろん最初から役職の高い人が

面接をしてくれるわけではないので、

ある程度はって考えることがあるかもしれないけれど、

最終面接などに限ったら、

役員の方の大切な時間を奪うことになります。

弊社も時間ぴったりにくる学生や

1分くらいはと思ってきた学生は

入り口でどうぞおかえりくださいだそうです。笑

(人事の人が話してた。)

まぁ当たり前ですよね。

10分前行動は心がける

最低でも10分前にはいつでも会場入り。

でも、実際はそれも皆がやっていること。

もし他の学生と差をつけたいのであれば…。

30分以上前に付き会場の建物周辺を見回る。

もし、受験する企業が店舗を持っているところであれば、

そこに立ち寄りじっくり店内を見てから

面接会場に向かうのが良いかもしれません。

(私は、IT業界なので経験ないですが…。)

そして、その時感じたことを、

面接のときにさりげなく言う。笑

さりげなーくですよ。さりげなーく。

「先ほど、この会場に来る前に

店舗を見させていただいたのですが・・」

このような感じで!

(※実体験はありません。←しつこい)

自分の目で見た感想と言うのは

強力な威力を発揮するはずです。

もし、店舗がなければ面接会場の

建物の周辺を回ってみるのも良いかと。

それだけの”事前準備”をしていることを

向こう側にアピールする事ができますね。

このことを「学生でありながら既に出来ている」と、

印象付けるのは、とても重要なことだと思っています。

最後に

社会人として信用される人間になるためには

“時間”の考え方は絶対に外せない。

競争率の高い面接で採用を勝ち取りたいならば、

これからは常に”時間”を意識して、

「時間に追われる」ようなことがないように

意識する事が大切です。

新卒者に限ったことでは全くない。

転職者でもこれができていない人は本当にいるらしい。

面接会場に30分前に着いて

ゆっくり準備している人がどれだけいるか考えたら、

それをただ「実践」するだけで、

他の競争者よりも、

もう1歩先をいくことができる。

面接によっては一生が決まります。

転職、退職と他の道もたくさんありますが、

まずはその会社に骨を埋める気持ちで

頑張ってみるのはどうだろうか。

その頑張ったという経験は

他で活かす事ができると私は思っています。

対策って大切ですな(´-`).。oO

では。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ですた 2017-03-10