就職活動が解禁されました

おはようございます。

新米SEの ですた です。

スポンサーリンク

就職活動が解禁されました

本日(3/1)から就職活動が解禁されましたね。

私も一昨年は、マイナビやリクナビで

ポチポチと検索していたのを覚えています。

現在、就職してる私ですが、

学生時代には色々と勝手に?

取り組んでいました。

大学生の方に読んでもらえたらと

思って書いております…。

さて、『働く』――――

一体、何人の学生達がこの素朴な疑問に

苦しめられてきただろうか。

今まで特に気にしないで、

生活を送ってきた学生には、

考えもつかないはずです。

私自身、”働く”ということには、

色々な意味で捉えることができると思います。

・お金を稼ぐこと

・他人(他社)に価値を与えること

・他人(他社)に喜んでもらうこと

・他人(他社)の困っていること、

悩んでいることを解決すること

・アイディアを形にすること

人それぞれですね。

この記事を読んでくださっている方々の

境遇も様々だと思います。

ですが、その形がどうであれ、

自分が生み出せる価値を提供したり、

尽くしたりすることが楽しいと

思えるようになれば、

こんな幸せなことはないはずです。

“就職”する場合、対象がお客さんだけでなくて、

同僚や上司なども含まれます。

もし、今、働くということに対して

負の感情があるのならば、

それは嫌な固定概念によるもので、

別の角度から物事を見れるように

なると良いはずです。

生活環境ががらりと

変わってしまうかもしれないので、

負の感情があるのは致し方ないと思います。

ビジネスの根源である”価値”とは、

人と人の”違い”から生まれるもの。

なので、常に他者と違う視点を持って

学生生活を送って欲しいと思います。

就職活動でも良く言われるはずです。

他人とは違う”アピールポイント”を

持って欲しいと。

自分なりの”アピールポイント”を

見つけることはとても大切だと思います。

今年も売り手市場みたいですので、

ミスマッチは企業側も学生側も

嫌だと思っているはずです。

なので、”アピールポイント”があると、

より深く知ってもらえると思います。

”就職なんか嫌だな。”

実際、大学生の心境ってこうかもしれないです。

・・・では、一体「就職したくない」と

思ってる人ってどれぐらいいるのだろうか?

中には、学生生活の中で

「早く社会に出て仕事がしたい!」と

思う大学生もいらっしゃると思います。

その人達は、とても素晴らしい事だと思います。

そのまま突き進んでいって欲しいと思います。

では、それ以外の人。

「就職したくない」という思いは、

ほとんどの大学生が持っているものではないでしょうか?

自分自身の理想とどう付き合っていくか、

それだけで、人生は大幅に変わってくるのではないだろうか?

大学に通うために、

交通機関…電車やバスなどに乗っている人も多いでしょう。

1限など、朝早い時間に家を出ると、

大体は通勤ラッシュなので、満員電車だと思います。

ほとんど座れないですし、狭いスペースに立ち続けるのは結構辛い。

私も慣れましたが、通勤で満員電車と戦っております。

これを会社に就職すると、

毎日、40年とか続けることになります。

そう考えると狂気の沙汰かもしれません。

時間と体力の無駄と思ってしまうかも知れません。

でも、私みたいにこの時間を情報収集の時間など。

と考えると意外と上手くいくかもしれません。笑

(強がっていると言われたそこまでですが…。笑)

考え方次第ってとこもあると思います。

職場の近くに住むなどの工夫もあると思います。

って、少し脱線しましたね…。

話の元は、就職したくない。でした。

実際には、こんなこととは無縁の人達もいます。

そんな人に憧れる人も多いはず。

もちろん、自分がどんな人になりたいかで違ってくるでしょう。

人とは違う人生を生きたいと思いながらも、

人と同じ行動をしている人って

結構多いのではないでしょうか?

日本時の性でしょうか。

自分自身はどうしていきたいのか?

就職活動が解禁された今、

振り返って考えてみると良いかと思います。

就職の道を選んだ私ですが、

この先の未来のために、

情報のアンテナを張り巡らし、

夢をおっていきたいと思っています。

就職活動はこの先の未来の為に、

自分を見つめ直す良い機会だと思いますので、

頑張って欲しいです。

明日も何か書けたら書きたいと思います。

では。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ですた 2017年3月1日