小学生の頃は楽しかった-ジャネの法則

こんばんは。

ですた です。

スポンサーリンク

本日のテーマは、「小学生の頃は楽しかった-ジャネの法則」

4月になって、新たな生活と共に、

こんなこともあったなと振り返ることも。

そんな昔のことを思い出すと、

今より、小学生の頃は長く時間を

感じていた方…多いのではないでしょうか?

「新鮮な経験」が多いほど、時間の経過は長く感じる。

フランスの哲学者・ポール・ジャネ

という人が発案した法則で「ジャネの法則」と言われています。

幼少の頃って毎日が楽しくなかったでしょうか?

それは、「新しい事」の連続があったから。

しかし、大人になると「新しい事」を

経験することって少なくなってきます。

今まで生きてきた「経験」があるので

「新鮮さ」が薄れ、記憶に残りにくくなるため、

「出来事」が少ないと思い込むので、

時間を短く感じてしまうもの。

しかし、そんな中でも、

夢中になって何かをやっていたら

時間が過ぎるのがあっという間だった

と、楽しいことをしていると時間が過ぎるのって

とても早いとは思いませんか?

例えば、デートとか。笑

遊びや旅行などもそうです!

楽しいことで時間を短く感じることが出来れば、

「充実感」や「達成感」を得ることが出来るので、

心は満たされるはずです。

では逆に…

1日を何もせずにだらだらと過ごしていたら時間が過ぎた

何もすることがなくて、だらだらと過ごしていたら….

と、いう時。

本当にする事はないですか?

探す気もないですか?

それでも良いって思う日も時にはあると思うので、

そのような時は良いです。

しかし、つまらないと思ってしまったことで

時間を短く感じてしまったら、

「後悔」してしまいますし、

心は満たされないですよね。

1日はたったの24時間しかありません。

夢中になってあっという間に過ぎ、

「充実感」を得るのと、

何もせずにだらだらと過ごし、

「後悔」するのと、

あなたはどちらの感情で満たされたいですか?

決めるのはその日のあなた自身です。

新年度になった今、

どこか満足していないのであれば、

新たなことに目を向けてみてはどうでしょうか?

私も「充実感」を得たいので、

無我夢中に物事に取り組む姿勢を

持っていきたいと思います!

では。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ですた 2017-04-05