ホメオスタシス-homeostasis

こんばんは。

新米SEの ですた です。

今回のテーマは、

スポンサーリンク

“ホメオスタシス-homeostasis”

= 恒常性 という意味。

・やる気が出ない

・モチベーションが続かない

そんな方に読んでもらいたいと思っています。

“ホメオスタシス-homeostasis”

という言葉をご存知でしょうか?

ちなみに中学校の理科の授業で習います。

真面目に勉強していた方は知ってるかも?しれません。

“ホメオスタシス-homeostasis” とは、

生物のもつ重要な性質のひとつで、

「元の状態」を維持しようとする「機能」になります。

例えば、

・暑くて体温が上がると、汗をかいて体温を下げようとする

・寒くて体温が下がると、体を震わせて体温を上げようとする

・ダイエットで痩せると、元の体重に戻る為にリバウンドする

などが挙げられます。

実はこの “ホメオスタシス-homeostasis”

体だけではなく「心」にも働いてます。

・とても素晴らしい教材を読んだり、

・自己啓発のセミナーに参加したり、

・友達と飲み会で盛り上がったり、

「良し。頑張ろう!」と、

テンションが急激に上がり、

翌日、目が醒めると

「昨日のアレは何だったのだろう?」

と一気に冷めてしまう。

そんな経験はないでしょうか。

私は何度かあります。

急激な「心」の変化に対して、

“ホメオスタシス-homeostasis” が働いて、

元の自分に戻ろうとするのです。

ですから、物事が続けられない時に、

「ああ、自分はなんてダメなやつなんだ。」

「私はいつも3日坊主…何をやってもダメ。」

「自分には根性がない、やる気がない。」

と、落ち込む必要はないのですね。

全てはこの

“ホメオスタシス-homeostasis”の仕業である。

と思ってください。

では、どうすれば

“ホメオスタシス-homeostasis”

と上手く付き合い、

モチベーションを維持することが

できるのでしょうか?

その解決法をご紹介。

①テンションの意識

テンションが上がった時、

その「気持ち」はずっとは

続かないということを知る。

うまくいってない人ほど、

それが永遠に続くんだ!と、

信じ切ってしまっているのです。

まずは “ホメオスタシス-homeostasis” の存在、

そして性質を理解すること。

②徐々に徐々に

人間の脳は、急激な変化を

「危険・異常な状態」と判断します。

すると “ホメオスタシス-homeostasis” の

性質が働いて「元の状態」に

戻ろうとします。

ですので、徐々に徐々にというのが

ポイントとなってきます。

良くマラソン選手が高山練習をするのも、

実はこの理論に基づいています。

普段から酸素の低い高山で練習をし、

体を馴らしておけば、

その状態が

「普通=元の状態」となり、

“ホメオスタシス-homeostasis” が働きます。

すると、レース本番で酸素が

少なくなっても、

楽に走れる身体になるというわけです。

徐々に徐々に、いつもの自分を高めていく。

それを元の状態にすれば良いといわけですね。

最後に

“ホメオスタシス-homeostasis” をご存じなかった方も、

本日知っていただけたかと思いますので、

上手く付き合っていってみてください。

では。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ですた 2017年3月4日